サノレックス薬剤説明書

名称 サノレックス0.5mg
作用

脳の食欲中枢に作用して、食欲をおさえる。

空腹感が少なくなり、食べたいという気持ちを少なくさせる。

服用1時間目ぐらいから効果が現れ、2時間目にピークなり、

その後、ゆっくりと体内から消失する。

用法

第1段階(スタート時)

昼食の1時間前に1錠を毎日服用する。

 

第2段階(増量法)

 夕方に効果が不十分な場合は、昼食と夕食の1時間前に1錠ずつを服用する。

最大でも1日3錠までとする。

効果

効果は日数とともに減少する薬です。

効果のある間に適切な摂食の習慣をつけるように努めることが大切です。

効果が少なくなってきたら、薬をやめる時期です。

服用期間

服用期間はできるかぎり短期間とし、3ヶ月を限度とする。

それ以上服用しても効果は続かない。

また、1ヶ月以内に効果が見られないときは服用を中止する。

副作用

最も多い副作用は、口渇と便秘です。

便秘の薬は併用しても支障はありません。

頻度は低いですが、睡眠障害、頭痛、めまい、むかつきなどの

自律神経に関する症状がでることがあります。

副作用がつらいと感じたら、薬の服用を中止してください。

「うつ」の薬との併用は、避けてください。
依存性

漫然と長期に服用すると依存性がでる薬ですので、3ヶ月を

目途に他のダイエット法に切り替えて減量に努めてください。