トピックスとニュース

コロナ感染(治療薬その2)

堀クリニックの堀博司です。

産業医として、病気の基礎知識の普及のためミニレクチャーを続けてきました。

今年に入ってからは、ずっとコロナ感染がテーマになっています。

一般の皆さんにレクチャーの内容をかみ砕いて、読み物として提供をしてきました。

今回が第4回となります。

今回は、治療薬の続きになります。

第3回では、ウイルスの薬を開発するのがとても難しいということを説明してきました。

最近、実用になったものが発表されましたので、治療薬のテーマの続きとして、それらを詳しく解説します。

 

 

薬として淡い期待が残っていた候補薬が、2つありました。

レムデシビル(アメリカ)とアビガン(日本)です。

 

レムデシビルが治験を終えて、正式に販売されることがアメリカで発表されました。

この薬は、エボラウイルス用に開発されましたが、未だに実用化されていないものでした。コロナ薬の新規開発は難しいので、これを転用する実験が続けられていました。

ようやく、薬として販売されることになりました。

やはりとても高価です。一人当たりかかる薬剤費が2340ドルです。

円にすると25万円になります。

6/30には、日本のメディアでも報道されたので、新聞記事で知った方もいると思います。

 

期待の効果については、次のようなものでした。

注射薬ですので、入院患者が対象者です。5日間で6本の注射をします。

薬を投与しなかった患者の入院期間は15日でしたが、薬を注射した患者は平均11日で

退院できました。入院期間が4日間、31%短くなった。

死亡者が減ったかどうかについての発表はありませんでしたので、たぶん差はなかったのだと憶測します。何らかの効果があれば、発表するのが当たり前でしょう。

 

さて、効果と費用を知ってがっかりしたことだと思います。

ウイルスの薬は初期に使わないと効果は少ないし、とても高価であることは前回で話しました。  とにかくウイルスは手強いのです。

 

アビガンの治験は遅れています。7月中には、治験の結果が発表されることが期待されています。効果が確認できるかどうかについての情報リークはまったくありません。

なんとなく悲観的な雰囲気です。

仮に、効果があるとしても、レムデシビルと同じコンセプトで作用する薬ですので、

淡い期待に止めておきましょう。

ウイルスに直接的に作用する薬は、これですべて終わりになる見込みです。

 

一方で、少し明るい話題もありますので、紹介しておきます。

6/16にイギリスのオックスフォード大学がデキサメサゾンが重症患者の死亡率を下げるという研究結果が出たと発表しました。

デキサメサゾンは、ステロイドの1種で、今から50年前から使われている超古い薬です。

日本では、「デカドロン」という商品名で販売・使用されています。

炎症の原因には関係なく炎症反応・免疫反応を強力に抑えます。

多くの病気の治療に広く使われていますが、感染症に使われることまれです。

免疫を抑えることでウイルスを逆に増やして、病気を悪化させるおそれがあるからです。

 

重症の肺炎で、もう助からないと思われるときに使用することがあります。

何十年も前に私が学生時代に学んだ医学書にも記載があります。

最後の手段としての位置づけでした。

 

コロナ肺炎がなぜ重症化・長期化することについては、不思議に思われていました。

患者数が増えて経験が深まり、ウイルスのために悪化するのではなく、「サイトカインストーム」という現象が起こって肺炎が悪化してくることがわかってきました。

サイトカインストームとは、一言で言えば、免疫の暴走で身体が破壊されてゆく現象です。

ウイルスと戦っている免疫細胞が、戦いが長期化するうちに攻撃力が異常に高めて、ウイルスに侵された細胞だけでなく、見境なしに肺の細胞を破壊し始めるという恐ろしい状態が起こってきます。

 

オックスフォードの研究チームは、デキサメサゾンが免疫システムを抑えてウイルスが増えてくる危険があるにもかかわらず、その薬を重症者に使う研究を始めました。

重症患者では、すでにウイルスが原因というよりもサイトカインストームで悪化していると仮定としたわけです。裏目に出る可能性がある治療になりますので、実施には勇気が必要な実験です。日本ではできそうにありません。イギリス人は偉いと思います。

目を見張る結果が公表されました。しかも6000人を対象者としたのですから十分に信頼に足りる研究と思われます。 WHOもすぐに、この研究を賞賛しました。

 

人工呼吸器をつけた患者さんで死亡率が30%低下し、酸素を供給して患者さんでは20%の死亡率の低下が確認できました。

一方で、酸素供給を受けていない軽めの患者では、効果はなかったということです。

 

昔からの治療法なので、医師ならなるほど教科書どおりの結果だと納得するでしょう。

私も、発表を見て、たちまち理解・納得ができた結果です。

ただし、むやみに実施するとウイルスが増えて症状が悪化することを常に念頭におきながら、ぎりぎりのタイミングを探らないといけないので、いざ使うとなると難しさがあります。

この薬は、古い薬ですので、とても安価であることも救われます。数十円程度の薬です。

ウイルスの直接薬と比べて、数千分の一の安さです。

効果が確認できた治療法のひとつが見つかったということは、大きな朗報ですが、

ウイルスを抑える薬ではなく、重症肺炎に限定した薬であることを知っておくことは大切です。予防や軽症者に使うと裏目にでます。

 

ウイルスを抑える薬が少なくとも一つが発売され、昔の薬が重症肺炎の救命に役立つことはわかりました。

しかしいずれも皆さんが、期待するような夢のような治療にはなりません。

 

ブレークスルーのような薬が見つかることあればいいのですが、当面はないと考えて前に進むことが必要です。

コロナ感染に対する残る手は、ワクチンの開発・普及だけとなります。

これに対しても、壁は何重にも高い壁が待ち構えています。

次回は、ワクチンの基礎知識の勉強を考えています。

 

以上、最新の追加情報です。

2020.7.11



コロナ感染(治療薬)

産業医として訪問している会社でのレクチャーを公開します。

今回は、旬のテーマとして、コロナ感染のうち、治療薬の開発についてまとめました。

 

4〜5月は、自粛優先で、産業医のレクチャーもお休みをしていました。

今月から、再開です。

旬のテーマは、やはりコロナ感染です。

話すべき内容は、検査、薬、ワクチン、ウィズコロナの世界とは、など多岐にわたります。

一度に語ることは、難しいので、20分ごとのレクチャーにまとめることにしました。

今回は、薬を取り上げます。

 

従来からある医学知識から考えるとどのような薬になるかについて、基礎知識を提供します。

少し長いのですが、これ以上短くすると本質が伝えられないので、

我慢のほどをお願いします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

概況

コロナウイルス感染が始まって半年が経過して、世界が大きく変わってしまいました。

世界中にパンデミック流行となり、各国は国境を閉ざして、国内感染の抑え込みに全力を注いでいます。

日本、韓国、中国、ヨーロッパなどは、ようやく感染第一波の山を越えてきました。

今後は、国境開放にともなって、感染第二波の発生が危惧されています。(本当か?)

感染症対策には、検査、薬、ワクチンが武器となります。(現状はとても非力)

現状での、それらの開発状況と問題点を整理して一般人が持つべき基礎知識をまとめます。

今回は、治療薬がテーマです。

 

抗ウイルス薬の特徴

まず、ウイルスに対する薬は原理的に開発がとても難しい。

数十年かかっても、実用になっているのは、たったの4種類です。

慢性疾患の肝炎ウイルスとエイズウイルスの2種類。

急性疾患でも、インフルエンザとヘルペスの2種類だけです。

いかに、抗ウイルス薬の開発が困難であるかを物語っています。

 

病原菌の治療薬として、皆さんの頭にすぐ浮かぶのが抗生物質でしょう。

抗生物質と抗ウイルス薬を比較してゆくと理解がしやすいと思います・

 

抗生物質は、ペニシリンの発明から始まって50年以上が経過して、数百種類が開発され、多くの病人を救ってきました。

便利なのは、汎用性が高いことです。多くの種類の細菌に有効であるので、適当に使っても効果が期待できるのが便利です。

初期に使っても、重症になってから使っても、効果が期待できます。

 

一方で抗ウイルス薬は、特定のウイルスにしか効果がない。

ウイルスごとに開発が必要になる。今のところ4つの疾患にしか開発ができていない。

あれもこれも効くような汎用性があるウイルス薬は、原理的に無理だと考えられています。

 

今から、コロナウイルス用の薬の開発を始めても、10年以上先になるし、できないかもしれない。

ということで、新規開発は、選択外になります。

代わりに、今まで開発された薬が、ひょっとして効果があるかもしれないという淡い期待で、

実験・治験が進められています。

 

現在、名前が挙がっているものは下記のとおりです。報道で耳にしたことがあると思います。

     アビガン・・・インフルエンザ用

     レムデシベル・・・エボラ出血熱用

     カレトラ・・・HIVウイルス用(すでに対象外となったようです)

その他にも、マラリア薬、疥癬という人体に寄生するダニに対する薬、膵炎のくすりなど、

多くの候補が挙がっているが、なぜ効果が期待できるのかの根拠が薄弱です。

現在のところ、すべて否定的な実験結果が得られています。

 

抗ウイルス薬は、使いづらい点があります。

投与する時期が限られおり、早めに投与しないと効果が期待できないという制約があります。

抗生物質は、細菌を殺す薬ですので、初期でも、重症化してからも効果があります。

しかし、ウイルスは、そもそも生きていないので、殺すというコンセプトで薬の開発ができません。

ウイルスの増殖を抑えるというコンセプトの薬しか成功を収めていません。

すなわち、感染の初期に投与しないと効果が期待できない。

肺炎などを起こしている人は、すでに体中にウイルスが、大量に増えているので、

それ以上にウイルスの増殖を抑えても、症状の改善が期待できません。

このように、とても使い勝手悪い薬になります。

例として、インフルエンザ薬は、発症48時間以内に投与しないと効果が限定的ということをご存知の方も多くいると思います。

 

アビガンとレムデシベルの2薬に絞って治験が進んでいるようですが、今のところ効果があるかどうかについては、

はっきりとした研究結果が得られていません。

2つ理由があります。

1.先進国では、感染ピークを越えてきたので、新規発生者数が少なくて、治験対象者が集まらなくなっている。

 

2.中等症以上の感染者に投与する実験が中心なので、そもそも効果が期待しにくい対象者で治験をすすめている。

発症早期の患者を対象者として選べば、効果があるかどうかがわかりやすくなります。

80%以上の人が、軽症のままで薬による治療なしで軽快することはわかっています。、

薬を服用しなくても治癒する人が多数出る可能性が高いので、

治験薬が効いたかどうかがわかりにくくなる恐れがあるので、対象としていない。

 

さて、まとめです。

可能性のある薬剤は、アビガンとレムデシベルの2剤に絞られてきました。

いずれも、ウイルスの増殖を抑えるコンセプトの薬です。

早期、軽症者が対象者になります。

そのために、早期に感染者を発見する検査が、いまよりもっと便利に早くできることが条件になります。

 

以上のようなことを総合すると、数か月後に薬が効くとわかっても、今の状況は、大きく変わらないという結論になります。

国民全員に服用されるという極論は、ありえますが、膨大な費用がかかるので実現性は乏しい。(抗ウイルス薬は、とても高価になります)

副作用もやや多い薬ですので、早期疑い例の段階で服用することは、反って副作用に悩まされる例が多数出現することも危惧されます。

 

皆さんに、質問です。

症状は少ないけれど、PCR検査でコロナに感染していることが早期に発見されました。

薬を服用すると50%の人が、数日早く治ります。

副作用は、比較的多いです。

費用は、10000円かかります。薬なしでも80%の人が自然に治癒します。

この前提で、薬を服用するかどうか考えてみてください。

 

暗い結論になりました。

これが、多くの医師が心の底で持っている気持ちです。

新聞報道は、いいところだけに偏って報道しがちになります。

TVも目新しいことしか報道しません。

それらの報道を、冷静に判断する基礎知識としてもっていただけることを願って書きました。

2020.6.28

 

トランサミン品薄

肝斑の治療に使うトランサミンが品薄になっています。

4/21で在庫はなくなりました。

発注してもすぐには手に入らない状態になっています。

ご希望の方は、事前にお電話をください。

2020.4.28

 

レビトラ/提供再開

バイエルがレビトラの出荷を再開しました。

4/13(月)より、当院で提供が可能になりました。

ただし、一時的な再開と聞いていますので、今後再び在庫切れになる可能性があります。

ご希望のかたは、早めに来院してください。

2020.4.15

 

 バラシクロビル

ヘルペスの特効薬です。

バラシクロビルを6錠1200円で提供します。

個数は希望に応じます。

2020.4.2

 

健康保険診療について

3月末で、健康保険診療の取り扱いを終えます。

4/1から、健康診断、ワクチン接種、自費診療の薬の提供は、今まで通り続けています。

内科で必要な薬の一部は、今後も提供をしてゆきます。

詳しくはこちらをクリックしてください。

curonを利用した遠隔診療も、続けてゆきます。

健康相談は、4月以降は無料で受付いたします。

2020.4.1

 

 

インフルエンザワクチン接種/終了

今シーズンは、ワクチンが十分に確保できましたので、

昨年のような接種制限をしなくて済みました。

希望者全員に接種できました。

過去最大の4100人の接種を達成しました。

来シーズンも、希望者全員に接種できるように努めます。

2020.2.3

 

 

金曜日休診

1月より当分の間は、金曜日が休診になります。

月曜から木曜日の10時〜12時半まで来院をしてください。

2020.1.11

 

 

curon遠隔診療/利用方法変更

curonによる遠隔診療を利用している受診者へのお知らせです。

10/24より、curonのシステムが変更になりました。

利用する費用が少し変わります。

薬代以外にcuron利用料330円と送料660円が加算になります。

お送りは、レターパックプラスを使います。

直接に手渡しになるので、安心です。

支払は、クレジットカードの利用になります。

 

詳しくは、curonのサイトの説明を見てください。

不明な点は、下記のcuronのサポートセンターにお尋ねください。

 2019.11.1

 

curonサポートセンター

電話 0120-054-960 (平日10:00〜19:00)

メール  support@curon.co

  

自由診療/増税なし

自由診療で提供している薬剤については、消費税増税後も

価格は同じです。増税分の転嫁はいたしません。

ご安心ください。

対象:ED薬、プロペシア、サノレックス、ピルなどです。

2019.9.25

  

定期健康診断の変更

定期健康診断での項目の省略について、法律の定める通りに順守することにしました。

原則として項目を省略したYコース(血液検査と心電図省略)とMコース(心電図省略)の

受付を止めます。従来のSコースのみとなります。

項目の省略をご希望の場合は、「医師が省略を認めた」という書類が必要になります。

2019.9.25

 

 

サノレックス/お知らせ

9月より、サノレックスの処方について上限を設定します。

行政からの指導に基づきます。

1回につき最大40錠になります。

同じ月にもう一度、処方することは可能です。

2019.8.25

 

プロペシアのジェネリック

今までは澤井製薬のジェネリックを提供していました。

8月から東和薬品のジェネリックの取扱いに変更になります。

価格が5700円から5000円に安くなります。

2019.8.2

 

 

保険外医薬品提供の開始

 降圧剤から睡眠導入剤まで各種の医薬品を提供するコーナーです。

何らかの事情で、健康保険が使えない場合に対応できます。

健康保険を使った場合とほぼ同じ費用で、医薬品の提供をします。

取扱い薬品は、現在15種類です。

具体的な内容は、こちらをクリックしてください。

2019.6.20

    

 麻疹・風疹ワクチン

麻疹と風疹のワクチンはいずれも政府の指導で生産が抑制されており、

内科クリニックでは、手に入りません。

小児科に回ります。

その代替として麻疹・風疹混合ワクチン(MRワクチン)が

増産されていています。

麻疹・風疹混合ワクチン(MRワクチン)は、8000円です。

こちらは、いつでも入手が可能な状況です。

なお、在庫を常時抱えていませんので、事前の予約が必要です。

2019.2.18

 

 雇入れ時健診/個人での申込み再開

2015年より雇入れ時健診は、会社からの申込にかぎっていました。

2月より、個人からの申込も受付を再開します。

項目は、法律で定められた内容に限ります。(労働安全衛生法による項目)

したがって法定項目の省略あるいは別項目の追加も受付しておりません。

2018.2.13

  

サノレックス値下げ

サノレックスを20%値下げして提供します。

新価格は、1錠400円。

2018.10.1(月)より新価格になります。

詳しくは、こちらをクリックしてサノレックスのページをご覧ください。

2018.9.23

 

   

 ジェネリック薬品の積極的な採用

ジェネリック薬品は品質に問題があるといわれてきました。

近年、品質も向上してきましたので、品目を吟味した上で、

積極的にジェネリックを採用してゆく方針に

取り組みます。

2015.11.20

 

バイアグラのジェネリックの取扱い開始

バイアグラのジェネリックの取り扱いを7月21日より始めます。

価格は、1000円(税込)です。

先発品1500円より33%安く提供ができます。

詳しくはこちらをクリックしてください。

2015.7.21

 

麻疹・風疹ワクチン

麻疹と風疹の抗体検査とワクチン接種の取り扱いを始めました。

抗体検査は、いずれも3000円。(予約不要)

ワクチン接種は、いずれも5000円。(事前予約が必要です。)

麻疹・風疹合ワクチン(MRワクチン)は、8000円です。

2014.6.1

 

追記:麻疹のワクチンは、現在入荷がありません。(2018.7.4)

 

しみ治療の特効薬/トランサミン

女性は40歳前後から、顔に両ほほの部分に淡いくすんだようなしみが

できることがよくあります。

「肝斑」とよばれるしみの1種です。  左右対称的なのが特徴です。

このしみはレーザー治療でも消えません。

「肝斑」にトランサミンという内服薬が特効薬として効くことがわかってきました。

市販されているトランシーノでは、有効成分のトラネキサム酸が750mgしかありません。

当院では、その倍量の1500mgを服用していただきます。

トランサミンを1日6錠(1500mg)服用すると1ヶ月で見違えるぐらいきれいになります。

 

費用は、1か月分(200錠)5000円(税込)です。 特に副作用はありません。

詳しくは、こちらのトランサミンのページをクリックしてください。

2018.10.4(改訂)

 

  

アフターピルの取扱い開始

コンドームが破れたりなど、望まない妊娠の可能性が

あるときの唯一の避妊法です。

費用は、説明と薬剤を合わせて3000円です。

詳しくは、こちらをクリックして下さい。

2012.7.5

  

2012.1.13