アフターピル

薬剤名 プラノバール配合錠

 

費用 3000円(説明と薬剤費を含む)

平日の10時から12時30分の間で受診をしてください。

受付で「アフターピルがほしい。」 と言って下さい

 

避妊のメカニズム 

   性行為後に卵子の着床を防ぐための緊急避妊薬です。

   性ホルモンを乱すことにより、子宮内膜を早期にはがして、卵子の

   着床を防ぎます。

   排卵を遅らせる効果もあります。

   避妊の効果は、70〜90%と言われています。

 

用法 性行為後、72時間以内に2錠を服用します。

    12時間経過したら、2回目として2錠を服用します。

    合計4錠を服用することになります。

    ☆最初の2錠を早く服用するほど、効果が高くなります。

 

副作用 

  吐き気がかなりの頻度で起こります。

  頭痛などの症状も起こることがあります。

  吐き気止めが必要ならば、10錠1000円で処方します。

 

出血

  通常の予定日より、早めに出血が始まることが多いです。

  予定日を1週間すぎても、出血が始まらない場合は、

  妊娠の有無を調べてください。

 

参考

  その他の、アフターピルとしてノルレボがありますが、

  非常に高価で、10,000円以上しますので、当院では取り扱いをしていません。

  ノルレボは、吐き気が少ないと言われています。

  プラノバールとノルレボの避妊効果は同じ程度です。